障壁のゲートの駐車場のための標準的な駐車RFIDカード読取り装置の半受動の長期読者

障壁のゲートの駐車場のための標準的な駐車RFIDカード読取り装置の半受動の長期読者

商品の詳細:

  • ブランド:ジュタイ
  • シリアルナンバー: JTPR-52
  • 原産国:深セン、中国
  • 証明書:CE、FC

お支払配送条件:

  • 価格見積り:交渉する
  • 最小注文: 1セット
  • 平均納期:サンプル順序3-5日、正常な順序5-10日
  • 支払方法:T / T、ウェスタン・ユニオン、PayPal
  • パッケージの詳細:1箱あたり1個
  • 供給能力:1ヶ月あたりの8000 PC長期カード読取り装置
お問い合わせ

スタンダード駐車場 バリアゲート駐車場用RFIDカードリーダー

JUTAI PR-52パーキングセミパッシブロングレンジリーダーは、ユーザーのために非常に簡単で便利なバッテリー内蔵JUTAIスマートタグで動作する、車両の内側5〜9メートルまで(V-KOOLによる影響なし)です。 JUTAIスマートタグがウェイクアップ範囲を離れると、省エネのためにスリープ状態に入り、電池を長持ちさせて寿命を延ばします。 RFIDセミパッシブロングレンジリーダーは ハンズフリーとノーストップの車両アクセス制御ソリューション

 

スタンダード駐車場  RFIDカードリーダー  技術パラメータ

電源:DC12V
仕事の流れ:≤ 220mA
仕事の頻度:2.45Ghzおよび125khz活性剤
相対湿度:≤ 90%
使用温度:-20℃〜85℃
トリガ範囲:≤ 9m(空中)
受信感度:-90dBm
衝突防止能力:100個
銅コア積載量:1.36A

 

セミパッシブ長距離リーダー機能

  • オリエンテーション識別
  • 読み取り範囲調整可能
  • 抵抗障害の高い安全性
  • 衝突防止
  • 12kHzによる低周波起動

 

スタンダード駐車場  RFIDカードリーダー  自動ゲートの設置と図

  1. アクティベータ機能を設定するには、リーダーの背面カバーを開きます。
  2. カードリーダーをL字ブラケットに固定します(手順1を参照)。
  3. 60MMディアメーターでL字型ブラケットをポールに固定
  4. 電源を入れると、「ビープ音」が2回鳴り、赤いランプが点滅します。 ディスプレイの背面にあります。

 

スタンダード駐車場  RFIDカードリーダー  バリアゲートの応用図

入口の働き主義

1.エントリーロングレンジリーダーに接続しているループ上の車両(トリガーリーダーが作動している)の場合、JUTAIスマートタグID-52/62がこのロングレンジリーダーによって起動され、このパーキングリーダーと通信します。

2.リーダがタグ信号を受信した後、Wiegandインタフェースによってコントローラにデータを送信します。カードIDが有効であると判断した後、バリアゲートは自動的に開きます(侵入した場合、バリアは開きません)。

3.車両が入口バリアの下の2番目のループを通過すると、バリアアームは自動的に下がります。

4. JUTAIスマートタグがウェイクアップ範囲を離れると、省エネのためにスリープ状態に入り、寿命を使用してバッテリーを長持ちさせます。

マネージャーセンターの5.JUTAIソフトウェアは実際のオンライン取引イベントを表示し、またEXCELレポートをエクスポートすることができます。

 

出口 動作原理

1.出口長距離リーダーに接続しているループ上の車両(トリガーリーダーが作動している)の場合、JUTAIスマートタグID-52/62がこの長距離リーダーによって起動され、このパーキングリーダーと通信します。

2.リーダがタグ信号を受信した後、Wiegandインタフェースによってコントローラにデータを送信します。カードIDが有効であると判断した後、バリアゲートは自動的に開きます(侵入した場合、バリアは開きません)。

3.車両が出口バリアの下の2番目のループを通過すると、バリアアームは自動的に下がります。

関連製品:

連絡を取る

質問がある

本社

作業時間 :
8:00-18:00(北京時間)
FAX番号 :
86-0755-29573855
ビジネスフォン :
8613480128941(労働時間)
電子メール :
duanjixing2008@gmail.com
工場の住所 :
5F、Mingjinhai工業団地、ShiyanTown、BaoAn、深セン、中国

Send Us an Email

contact us